おぐら山荘

どうぞごゆるりと。

タイトルを入力してください。

f:id:ogurayama:20180122041740j:plainブログのタイトルが書かれたヘッダーの写真です。

 

鳥取県で撮影しました。

鳥取県といえば広大な砂漠で有名な最大都市、ゲゲゲの鬼太郎とカニと巨大な橋梁構造物からなる都市、イオンが市外にしかなく唯一電車が走る市章がクンショウモみたいな都市、市街地が駅前にない上に鳥取県内唯一の国鉄廃線がある都市の4都市から構成される日本国では最も人口の少ない都道府県としてその地位を確固たるものにしています。

 

と同時に、日本では珍しく、県内に旅客を扱う空港が2港もあり、大阪府と同じ数の旅客用空港を有していることになります。

近年にはスターバックスコーヒーも出来、日本全国の都市の標準化は刻一刻と近づいているという様子です。

ただし、JR線はいまだに自動改札はありません。

 

さてこの鳥取県で撮影されたこの写真は、日本に約20個ほど存在する大小さまざまなタワーが加盟する全日本タワー協議会に加盟するタワーの内の一つ、とっとり夢みなとタワーで撮影しました。

 

全日本タワー協議会は、香川県では香川県民におなじみのゴールドタワーや、見たこと聞いたことはあるのに行く機会はない福岡タワー、通天閣もどきみたいな別府タワーに本家の通天閣、お父さんにされるさっぽろテレビ塔、そしておなじみリリー・フランキーが小説に書いたあの東京タワーまで様々なタワーが加盟しています。

梅田のスカイビルもです。バーチャルYoutuberもびっくりかもしれませんが、バーチャル空間でそれぞれのタワーを眺めることもできるそうです。

 

こちらのとっとり夢みなとタワーはジャパンエキスポ鳥取'97山陰・夢みなと博覧会のメイン会場として整備され、鳥取県にしては珍しい43mの高層建築として華々しいデビューを飾りました。

若干太めなのでちょっとがっしりしてずんぐりむっくりな感じはします。

ちなみに一番高い建物は隣の米子市にある米子ユニバーサルホテルで55mだそうです。

テンセグリティ構造という構造をしていて、よくはわからないがカッコよさそうな響きなのでめっちゃカッコいいと思います。

地元の木材も使われていて、とても地元想いな感じがします。

 

現在はかつてのエキスポ跡であろう割と広大な敷地とおいしい新鮮な海の幸、瀬戸内海とは違って地平線の見えない海、伯耆富士である立派な山、大山を眺むることができます。

コスプレの撮影もできるそうです。

かっくいー。

 

鳥取県、意外と現代文化には寛容的なところがあるのでゲゲゲの鬼太郎名探偵コナンのラッピングされた汽車が走っていたり倉吉市の日本国内の姉妹都市が倉野川市という架空都市としか姉妹都市でなかったり(ただし日本初の快挙)、様々な点で鳥取県がいかに現代的文化圏であることかがよくわかります。

そういえばここ数か月以内にもポケモンGOのイベントが催されて島根にパソコンなんてあるわけないじゃん!でお馴染み島根県より発達した文化圏であることが知られたと思います。

尤も、島根県は先進的な文化よりも、風土記などに出てくるようにすでに成熟された神話がたくさんあることからもとより先進性があるともうかがえることもできると思います、どちらにせよ島根県にパソコンは無くても古代島根県民は困らないと思います。

 

長々と書きましたが、境港市にはこのとっとり夢みなとタワー、おいしいさかなとこわい妖怪、米子市には天満屋が得意とする郊外型百貨店の米子しんまち天満屋皆生温泉、その他にも三朝温泉吉岡温泉、羽合温泉といった数々の温泉、琴浦さん琴浦町、何もない倉吉市、東の東京砂漠に対して西の鳥取砂丘鳥取市山陰海岸ジオパーク中国地方最高峰大山といった見どころも沢山あります。

ぜひ鳥取県に行ってみてはいかがでしょうか。

 

…あんまり長々と書きすぎると冗長すぎて誰も読まなくなる気がします。